コリアNGOセンターの民族教育権確立事業 コリアNGOセンターの共生社会 コリアNGOセンターの国際・交流協力 コリアNGOセンターのハングル教室 コリアNGOセンターのコリアタウン人権研修 コリアNGOセンターの物品販売

 

・2007年度履歴

■2008年度
  特別講座『まちのがっこう』 大阪・韓国 伝承のうた・ことば 開催される(10/02/13
  建国小学校の子どもたちによる作品展が開催中(10/02/02)
  府立高校と韓国釜山の慶南女子高校の生徒らがコリアタウンで交流 (10/01/22
  民族学級支援の楽器と支援金が視察後の韓国の国会議員団から送られる(09/01/21)
  韓国国会教育科学技術委員会委員らによる民族学級、公式視察が行われる(10/01/21
  韓国のオルタナティブスクールの生徒たちが夜間中学校を訪問 (10/01/20
  民族学級発表会、子どもたち元気に!(2010/01/15
  在外韓国人学校に対する支援拡充法案、その通過が期待される
   〜支援拡充をめぐって政策討議が国会で活発化〜(09/10/31
  御幸森天神宮境内に新たな名所
   『難波津の歌』の歌碑建立式典が行われる(09/10/31)
  民族学校の支援策の充実化に向け、韓国政府の準備着々(09/10/15)
  当センターで大学生らのインターンシップが各地から(09/10)
  各地の学校で運動会、子どもたちの歓声がこだまする。(09/09/26)
  外国人の子どもの受入れ拒否事件で、大阪市教育委員会が教員二人を懲戒処分(09/09/24)
  東成区主催の多文化共生の取り組み  子どもたちがテッコンドなどを体験(09/09/26)
  名唱南海星先生と安聖民さんとの子弟競演 会場が感動の渦に包まれる(09/09/26)
  第5回ワールドトークで多文化の子どもたちが意見発表
〜自尊感情を育む貴重な機会として〜
  済州大学校の学生らが今年も来阪、在日同胞と交流を深める
  事務所が移転しました
  成区で区民の交流講座「コリア文化に出会おう!」実施
  韓国で在日の民族教育について支援法案が議論!(8/18
  大阪市立中学校で外国籍生徒の入学拒否事件が発生耳を疑うような人権侵害、教育委員会の指導も通らず
  友好の象徴 生野区に王仁博士の歌碑建立をめざして
歴史学者上田正昭先生の講演会が開催される(09/07/20
  「出入国管理及び難民認定法」「入管特例法」及び「住民基本台帳法」
の改定に伴う外国人住民への管理強化に反対する声明(2009/07/08
  韓国の仁済大学校統一学部の学生が朝鮮学校を訪問!(09/06/24
  新たな外国人管理強化法が衆議院で可決される
〜特別永住者と、他の外国人の処遇を分けることは無意味
在日外国人社会を処遇で分断する改悪案はもう一度廃止にすべき〜(09/06/19
  田中宏先生の大学教員退任を祝う集いが京都で開催
「貧しきを憂えず、等しからざるを憂う」(09/06/19
  箕面市と三鷹市、小金井市で「従軍慰安婦」問題の解決を求める意見書が新たに採択される
  実践者×研究者が語る「地域資源から発想するコミュニティ・デザイン」開催(5月18日
  「京都・東九条CANフォーラム」設立総会と記念シンポジウム開催(09/5/10
    韓国・盧武鉉(ノムヒョン)前大統領の死去に寄せて(09/5/23
    コリアタウン体験学習をNHKが取材、放映日が6月6日に変更!(09/05/21)
    市民社会とまちづくりについて韓日の経験を交流
〜地域でつなぐ大阪・上町と韓国〜が開催される(09/05/16)
    在日一世の民族講師に思いを馳せて
  〜守口市立第二中学校民族学級の開講式が開かれる〜(09/05/08
    落語「代書」、故郷へ帰る(09/05/02)
    初めての国会議員による民族学級視察が行われる!
国レベルの外国人の子どもの教育施策の充実に期待!(09/05/01
4/26
新型インフルエンザの流行を受け、
ブラジル学校等にポルトガル語等で予防対策を呼びかける! (09/4/26
4/24
国会で初めて外国人の子どもの教育について集中審議が行われる!
先立って衆議院文部科学委員会が外国人学校を公式視察(09/04/24)
4
帰国支援で、再入国が不可!(09年4月
 
「貧しきを憂えず、等しからざるを憂う」 田中宏先生講演会
4/11
新たな外国人管理制度に反対する集会が開催される(09/4/11)
4/2 外国人学校支援法案が動き出す!与党議連が法制化を急ぐ考え。(4/2
3/27 李在禎(イ・ジェジョン)前統一部長官と統一について意見交換(09/3/27)
3/13 ブラジル学校の処遇改善が国会でも新たな争点に!
与野が揃ってブラジル学校等外国人学校の支援を政府に求める(3/13)
3/6 まちづくりの活性化に向けて「生野コリアタウン倶楽部」が発足(09/3/6
3/8 柳仁村(ユ・インチョン)韓国文化観光部長官がコリアタウンを訪問
〜在日一世らに労いの言葉〜(09/3/8
3/7 大阪市民族講師会の第二回教育フォーラムが開催される (09/3/7
3/5 JR西日本にブラジル学校などの未認可の外国人学校に対しても学割適用を求める要望書提出
09/3/5
3/3 学年末を向かえ、各地の民族学級で卒業(修了)行事が盛んに (09/3/3)
2/28 生野区地域福祉アクションプラン推進委員会で共生を考える学習会に
予想を超える参加者!(2009/2/28
2 ブラジル学校に当センターからプレゼント
甲南女子大学でも支援が呼びかけられている(2009/2
2 国に先んじて地元自治体がブラジル学校支援を模索
〜滋賀県愛荘町、長野県伊那市を訪問し、支援を要請〜(2009/2)  
2 生野コリアタウン倶楽部の発足に向けて、準備が重ねられる(2009/2
  内閣府に「定住外国人施策推進室」が開設、効果的な外国人支援に懐疑的な声も
2/8 建国中高校の伝統芸術部、休日返上で練習!(2009/2/8
  大阪府立高校の外国籍生徒特別枠入試制度を活用した特色づくり 
1/8 外国人の人権運動の理論的支柱、田中宏先生が龍谷大学で退任前最後の授業(1/8
12/25
各地の雇用不安、外国人家庭を直撃!大臣と会い、緊急の申入れを政府に行う。(12/25
12/22
東成のまちづくりでふれ愛パンジー運営委員会主催で学習会。  諸外国の事例から協働参画の可能性について探る!(12/22
12/27
当センターで、NHK教育「テレビでハングル講座」が収録!(12/27
11/23
「多民族共生教育フォーラム2008大阪」の大会宣言で終了(11/23
11/7
宝塚市、清瀬市に続き、札幌市議会が慰安婦問題で政府の公式謝罪や賠償などを求め意見書可決(11/7)
11
11/16
大阪朝鮮学生芸術祭が開催される(11/16)
11/9
コリアタウン共生まつり 1万人の市民がコリアを満喫!(11/9
11/10
多民族共生教育フォーラム2008大阪の開催準備も佳境に!(11/10
11/2
京都のまちにチャンゴの音が鳴り響く。(11/2
11/1
同胞保護者連絡会の秋の親睦会開催(11/1
10/26
第24回ワンコリアフェスティバル盛大に開催!雨天も吹き飛ばすにぎわい!(10/26

10/25

朴正恵(パクチョンへ)ソンセンニムの書籍が発刊(10/25
10
9/22
公明党議員が民族学校を訪問(9/8,9/22)
9/12
岐阜県可児市で外国人の子どもたちの新しい教育支援が注目を集めている(9/12
8/30
大阪朝鮮高級学校裁判の支援集会が開催される(8/30
8/30
民族教育を認める多様性社会を議論〜民族教育フォーラムが開催される〜(8/30
8/29
神戸市の中学校で、韓国籍教員の「副主任」就任を学校側が拒否 (8/29
8
10年目の教員研修を当センターが支援(8月
8
済州産業情報大学からインターンシップで学生らが来阪(8月
8/8
民主党の水岡参議院議員、田島衆議院議員が、コレジオ・サンタナ(サンタナ学園)を訪問(2008/8/8)
5/27
ソウル教育大学総長ら一行、大阪市立加美北小学校を訪問(5/27)
5/25
歓声がこだま! オリニウンドンフェ(子ども運動会)開催(08/5/25)
5/24
朴正恵(パク・チョンへ)ソンセンニムが民族講師を退任、励ますつどいが開催される(08/5/24)
5/23
東成区役所で済州島をテーマに写真展(5/23〜5/30
4/18
教育振興基本計画に関わる中央教育審議会答申に当センターの提案が一部取り入れられる(4/18
4/11
『多民族共生教育フォーラム2008大阪』開催準備始める(04/11
4/8
修学旅行等での海外教育旅行時の個別識別情報提供義務化免除が決定(4/8)
3/14
大阪市教育委員会が功績認め、朴正恵ソンセン二ムを表彰(3/14
3/3.3/5
各地の民族学級で修了式( 3/3, 3/5 )
3/1
大阪市阿倍野区の区民行事をお手伝い、草の根の多民族・多文化共生へ(3/1)
2/27
学習指導要領の改訂と教育振興基本計画の策定 に関する談話(2/27
2/7
大阪市と堺市で、民族学級の研究授業が開催(2/7)
2/14
修学旅行等の教育旅行における生体情報提供免除を鳩山法務大臣に要請
「制度見直し」へ( 2/14 ) ( 2/14朝日新聞 夕刊)
2/7
ブラジルの子どもたちが学ぶィコレジオ・サンタナ(サンタナ学園)を訪問 (2/7)
2/6
改定出入国管理及び難民認定法、外国人生徒からの生体情報提供免除を公明党に協力要請(2/6)
1/26〜2/18
建国小学校の子どもたち、作品展始まる(1/26〜2/18)
 
■2007年度
12/15
業務開始を控えた大阪出入国管理局の新庁舎を訪問12/15
12/2
「外国人・民族的マイノリティの人権保障を求めて〜韓国の差別撤廃のとりくみに学ぶ〜」開催(12/2
11月8日〜11日
海外同胞NGO活動家大会が大阪と京都で開催される(11/8〜11)
11月6日
今年も堺チュギハッキョ開催(11/6)
11月4日
多民族共生教育フォーラムIN東京が開催される(11/4)
11月3日
多文化共生の輪広げ、京都で 第15回東九条マダン開催!(11/3
10月28日
10月21日
10月11日
・韓国・(社)平和問題研究所主催の統一問題セミナーに当センター金光敏事務局長が討論に参加 (10/11
・在外同胞文化教育ネットワーク/(社)釜山民主化記念事業会主催の国際シンポジウムに当センター金光敏事務局長パネリストとして参加(10/12)
10月20日
10月19日 大阪国際交流センター設立20周年記念シンポジウム開催(10/19)
10月6日
8月8日
6月23日
6月23日
6月7〜8日
3月3日
第1回大阪市民族講師会教育研究フォーラム開催報告(3/3
3月
3月
3月15日
3月
3月
3月15日
2月15日
摂津市ともに生きるつどい〜多文化コミュニケーション〜が開催される(2/17)
2月12日
「人種主義とたたかい、外国人人権法と人種差別撤廃法の実現をめざす全国ワークショップ・2007」が開催される。(2/12)
1月12日
1月20日
1月28日
1月1日

あけましておめでとうございます。(セヘ ポン マニ パドゥセヨ)

 
 ◆ 2004年度〜2006年度までのTOPICS履歴

  • 民族教育権確立
  • 2004年度
    2005年度
    2006年度


  • 共生社会事業

  • 国際交流協力

  • その他


  • ・民族教育権確立

  • ■2004年度
    南大阪民族交流会20年目の記念撮影、600人が参加
    東部(生野区/東成区)地域のオリニウンドンフェ(子どもの運動会)850人がイギョラ(がんばれ)!
    東南プルコギモイム
    大阪市内各地で民族学級が新しく開講

    ■2005年度
    11月
    大阪朝鮮高級学校(大阪府東大阪市)の生徒が、大阪市立大の推薦入試の出願をしようとしたが、大学側から「朝鮮学校の生徒には資格がない」と出願を“門前払い”。コリアNGOセンターでは大阪市立大学に抗議文を送付。
    11月
    大阪朝鮮高級学校 5年ぶり2回目の全国大会出場を勝ち取った!! 当センターからもエールを送ります。イギョラー!
    10月4日
    歴史を踏まえて教育を(10/4 朝日新聞
    8月12日〜
    民族教育協力校校長韓国研修プログラム実施(8月12日〜15日)
    7月
    大田原市教育委員会の教科書採択に関わる今回の決定に抗議する 緊急アピール!!(7/15朝日7/15毎日)
    7月10日
    民族学級の今〜ウリマル(母国語)を7月10日7月12日大阪日日新聞に掲載される。
     
    雑誌イオ「むずかしいお話、私の民族考」(当センター金光敏事務局長の記事掲載)
    6月22日
    韓国の平和教育専攻大学院生らが6月22日、朝鮮学校と当センターを訪問
    5月17日
    堺市で2校目となる民族学級が始まる!(5/25民団新聞5/25統一日報
    5月23日
    泉大津市立戎小学校で、民族学級が新たなスタート!
    6月3日
    ついに100目民族学級が大阪市立中道小学校で始まる 6/3朝日6/3読売6/3毎日
    5月22日

    東南プルコギモイム(焼肉の集い).

    2月3日
    民族教育推進のための大阪市教育委員会/大阪府教育委員会との交渉を行いました。(2005年2月3日/2月17日)
    2月16日
    韓国への強制送還の危機にある李悠紀ちゃん家族の在留特別許可を求める緊急集会
    〜友達と一緒に日本の中学に行きたい!〜 その後の報告
    2月
    コリアNGOセンターと韓国・東北アジア平和連帯が在日コリアンの子どもたちにハングル教材を提供
    (2005年3/2民団新聞2005年3/11日毎日新聞 、2005年2/24朝日新聞)
    2月3日
    民族教育推進のための大阪市教育委員会/大阪府教育委員会との交渉を行いました。(2005年2月3日/2月17日)

    ■2006年度
    12月25日
    12月17日
    12月10日
    第9回神戸オリニマダン開催!!(12/10
    12月10日
    門真フェスティバル開催!!(12/10
    11月23日
    10月
    10月21日
    10月15日
    10月12日
    10月7日
    10月1日
    9月27日
    2006年9月
    9月22日
    9月17日
    子どもモザイク一泊キャンプ」(主催:NPO法人とんだばやし国際交流協会)が開催された
    9/16
    9月15日
    守口市小中学校教育課程研究協議会が民族学級設置校の守口市立第二中学校で開催される
    9月11日
    アメリカ・カリフォルニアにあるスタンフォード大学の一行15名が朝鮮学校などを訪問
    8月
    7月
    在外同胞教育振興財団関係者らが、大阪市教育委員会を表敬訪問(7月1日〜4日
    7月13日
    在外同胞へハングル教材(7/13毎日新聞
    7月

    在日コリアンの子どもに対する暴言・暴行に反対する声明文

    6月25日
    「枝川朝鮮学校を応援する集い」報告(6/25
    6月
    同胞保護者会総会開催!(6/17
    5月29日
    5月28日

    大盛況! 東部地域オリニウンドンフェ開催(2006/5/28)

    5月13日
    民族教育ネットワーク主催の4.24記念集会 開催!(5/13 東成区民センター)
    5月
    在外同胞の民族教育教材届く
    4/11 「在日先生100人越」 新任の3世「異なる文化の良さを伝えたい」(2006/4/11読売新聞 夕刊


  • ・共生社会事業

  • ■2004年度
    コリアウィーク事業「ワンコリアからワンワールドへ」
    日弁連「第47回人権擁護大会」への参加
    「外国人人権基本法の制定を求める大阪集会」の共催
    市町村の合併是非 外国籍住民の投票排除に抗議 コリアNGOセンター(統一日報)
    守口・門真市の住民投票 外国人を「排除」 NGOが抗議文朝日新聞
    門真・守口の「合併」住民投票 永住外国人に投票権を 永住外国人に投票権を 市民団体が抗議文(読売新聞)
    「民族教育フォーラム2004」の開催への協力
    日弁連 民族教育を初視察 制度保障 秋のシンポで論議へ(民団新聞
    多文化共生へ「外国人人権基本法を」 日弁連民族教育現場視察(統一日報)
    民族教育の現場日弁連が視察 法律整備 国に提言へ(読売新聞)
    日本弁護士会連合会(日弁連)の公式代表団、大阪府内の民族教育現場を視察
    「アンニョン!オリニマダン」〜朝鮮舞踊 柳寛順〜の開催

    ■2005年度
    在日へのメッセージ 「生きる力」をもらって(2005/12/7民団新聞)
    文化省委嘱授業担う 人権・国際理解の講師に(2005/12/7 民団新聞)
    生野コリアタウンの体験学習「対話」「相互交流」「共存・共生」(2005/11/4大阪日日新聞)
    11月

    「黒田征太郎と多国籍・多文化の子どもたちの絵画ワークショップ」(11/3 
    11/4 読売新聞・ 11/4 毎日新聞)

    中高生学ぶ「韓流の街」受け入れ2年で4倍に(8/23朝日新聞掲載)
    「語りつぐ戦争」中国・韓国友好へ歴史を学ぶ旅(8/2朝日新聞)
    7月21日
    コリアNGOセンター 多文化つなぐ役割を(7/21毎日新聞)

    国連人権委員会の特別報告者国連人権委員会特別報告者がコリアンの人権状況調査で現地訪問
    (7/3〜7/13)当センターが日本視察中、在日コリアン問題を担当し朝鮮学校問題、ウトロ問題、無年金問題などの視察プログラムを用意する。(民団新聞朝鮮新報統一日報)(7/26京都新聞社説)

    6月19日 「上町台地から町を考える会」設立2周年記念イベント 地域を豊かにする学びのデザイン −持続可能性教育を拓く地域間連携と地域内協働-
    韓国の政府系シンクタンク(社)平和問題研究所関西支部が設立される。
     
    (財)とよなか国際交流協会の評議員に呉洋子運営委員が就任
     
    宋悟代表理事がNPOジャーナルの編集委員に選任。

    ■2006年度
    12月
     
     
    11月11日
    10月29日
    朝鮮半島の核問題の解決を求める
    10月12日
         

    10月9日

    10/1〜11/5 上町台地・まちの学校「空堀の編」〜まちに気づく、まちから気づく
    ダイチのカタチ〜踏みしめて感じる、わたしたちの昨日、今日、明日」開催中!!
    9/22 日の丸・君が代の強制にブレーキ、教育史に残る画期的な判決
    9/16 石原東京都知事、また妄言
    8月16日
    「アジアの怒り考えて」(8/16朝日新聞
    8月10日
    8月
    8月
    7月21日

    地域福祉アクションプラン」生野版の発表(7/21)

    7月14日
    当センター理事の李容柱さんが7月14日永眠。享年45歳。(8/11朝日新聞)
    5月29日
    5月17日
    民団、総連の歴史的会談と共同声明に対して当センター歓迎・支持声明を発表
    5月
    5月4日

    多文化共生のまちへ 生野区福祉計画作成 外国籍住民を委員に(2006/5/4毎日新聞
    当センター金光敏事務局長 在日コリアン作業部会副委員長に!!

    1月
    年始から事務所来訪者あいつぐ
    1月
    韓流文化定着 在日の夢(2006/1/11朝日新聞

    ■2007年度
    10/28 第23回ワンコリアフェスティバル開催!!
      住宅オーナーが謝罪、民族差別について初めての和解成立
      「人種主義とたたかい、外国人人権法と人種差別撤廃法の実現をめざす全国ワークショップ・2007」が開催される。

    ・国際交流協力

    ■2004年度
    第1回在外同胞NGO活動家大会
    10月
    共生の思いを込め「よさこいアリラン」 チーム「はなこりあ」が踊り手募集(毎日10/4)/韓流見て食べて23日からコリアウィーク(朝日10/20)/ヨン様だけじゃない!韓流もっと体験して 商店街とNGO初共催 映画上映や春川料理など(読売10/22)/日韓中露コリアネット発足 東北アジアの平和願い宣言採択へ(毎日10/22)/踊ろう「よさこいアリラン」 在日コリアンらあす大阪で披露(読売10/23)/多民族共生へ コリア週間 国際会議で開幕(毎日10/23)/ワンコリア願い20年 鄭実行委員長「ハナ」合言葉 海を越えて(毎日10/23)/アジア共生「ワンコリアフェス」(朝日10/25)/統一願い催しハナやか ステージや露店盛況(読売10/25)/ハナ!合言葉に 日韓中露のコリアン連携確認(毎日10/25)/南北統一と平和願い ワンコリアフェスティバル 大阪城公園 伝統芸能など披露(大阪日日新聞10/25)/
    第3回東北アジアコリアンネットワーク国際会議 を開催
    韓国「法輪和尚講演会〜北朝鮮人道支援と東アジア」の共催
    中国北京・延辺での国際シンポジウムに参加 
    韓国スタディツアーの開催
    東アジアワークショップ開催
    韓国・議政府ワンコリアフェスティバルに参加

    ■2005年度
    「ハナ!」(ひとつ)の意味するもの (2005/12/20 大阪日日新聞)
    10月
    ワンコリア祭典 30日大阪城公園で 本場の韓流大集合(10/25朝日新聞) 僕らは1つのハナ 韓流スターも出演 「ワンコリア」フェス(毎日新聞) 南北統一に情熱 「コリアNGO」の鄭さんが自伝 「挑戦する若者へ」(読売新聞10/27) 「南北1つに」韓流スターのPR あす、中央区でフェスティバル 「コリア」未来と伝統を見つめる(10/29読売新聞) 南北統一願い 5万人が参加(10/31毎日新聞) 多彩催し 共生訴え ワンコリアフェス 冬ソナ出演者に歓声(10/31日日新聞
    聞こえぬ共生の訴え 定住外国人に映る衆院選(毎日新聞9/5掲載)
    スタディーツアー2005 報告
    日韓関係の過去と未来をつなぐために戦後60年、日韓条約40周年記念大阪集会の報告
    (社)平和問題研究所主催の統一問題セミナーに参加
    東北アジアコリアンネットワークワークショップが中国・延辺で開催

    ■2006年度
    10月29日
    朝鮮半島の核問題の解決を求める
    8月

    ・その他

    ■2004年度
    統一・教育・人権の分野で大きな貢献を コリアNGOセンター代表理事 鄭甲寿(イオ
    コリアNGOセンター発足 教育・人権・統一の3団体が統合(KOREA TODAY)
    3月〜5月
    在日3団体が統合 コリアン活動 新風求め(朝日3/27)/「境界から共生探る」 教育、人権など連携(毎日3/27)「在日コリア」NGO統一 語学教室・祭りも計画(日本経済3/27)/在日3団体が統合 コリアNGOセンター設立 人権・平和大阪から発信(読売新聞3/27)/新生「コリアNGOセンター」設立  在阪同胞3団 新たな諸ニーズに対して柔軟かつ機動的な組織を(KOREA NEWS )/「コリアNGO」シンポ 爆発事故義援金募る(5/7朝日)/「風景を歩く」コリアタウン新しい風歴史を育んだ懐深さ(朝日)/
    境界から共生へ(毎日5/9) /在日3団体が統合 記念シンポ開催、東成で500人参加(朝日5/10)/ 日本とアジアを結ぶ在日 「共生」シンポ500人 梁石日さんら招く(日本経済5/10) / コリアNGO発足 記念シンポに関係者600人(民団新聞5/12)
    /コリアNGOセンターシンポ 教育・人権・南北統一(統一日報5/19)

    ■2005年度
    8月
    鄭甲寿著
    ワンコリア風雲録〜在日コリアンたちの挑戦〜
    (岩波ブックレット)出版(朝鮮新報8/24・東洋経済日報8/19掲載)
    8月
    8月4日
    7月11日
    「コリアNGOセンター・在日コリアン青年連合(KEY)連絡会議」が発足(7月11日
    5月
    コリアNGOセンター2005年度に向けて出発!コリアNGOセンター第1回総会

    ■2006年度

    10月9日

    8月
    7月14日
    当センター理事の李容柱さんが7月14日永眠。享年45歳。(8/11朝日新聞)
    5月29日
    1月
    年始から事務所来訪者あいつぐ


     

    Copylight 2005 korea.ngo.center. All Right Reserved.