Top関連記事センター概要New'sLetterアクセスマップ会員募集!!サイトマップリンク集 Koreansite
コリアNGOセンターの民族教育権確立事業 コリアNGOセンターの共生社会 コリアNGOセンターの国際・交流協力 コリアNGOセンターのハングル教室 コリアNGOセンターのコリアタウン人権研修 コリアNGOセンターの物品販売
国際交流・協力事業
東アジアにおけるコリアンネットワーク
■東アジアワークショップ(2004年8月)

例年をまさる暑い日差しが差し込む八月、大阪に一〇〇人を超える若者が各地から集まった。第一五回を迎える「東アジア共同ワークショップ」(以下WS)の開催である。WSは一九九七年、北海道の朱鞠内に日本人、韓国人、在日朝鮮人、そしてアイヌの若者たちが集い、北海道強制連行犠牲者の遺骨発掘を始まりとし、その一歩を踏み出した。発掘という共同作業を通じてお互いを知り、歴史を克服するために「加害者と被害者の関係」を乗り越え、「過去を心に刻み、現在を体験し、未来を共に切り開く」という共同目標を持ち、九八年韓国、九九年大阪、〇〇年韓国、〇一年北海道、〇二年韓国済州島、〇三年北海道で開催してきた。

また毎年二月には北海道朱鞠内にある旧光顕寺の雪下ろしを中心とした冬のワークショップも行っており、延べ一〇〇〇人以上の若者が交流してきた。当センターのメンバーもWS発足当初より深く関わっており、今回も民族講師と専従職員を含む六名が事務局員として参加した。今年は八月八日から一二日の日程で大阪を中心とした関西を舞台におこなわれた。初日は李鍾元・立教大学教授をお招きし「東アジアの未来への提言」と題して講演していただいた。講演では東アジア地域の特性やこれからの可能性などについて話され、我々が今後目指すべき東アジアの連帯実現のプロセスを考えられる貴重な時間となった。

二日目からのフィールドワーク(FW)では在日朝鮮人の多住地域である生野区や京都東九条のほか、沖縄出身者が多く住む大正区、ブラジルやベトナムなどからのいわゆるニューカマーが多く住む神戸長田区、そして民族教育の現場など、様々なマイノリティの築き上げてきたコミュニティを訪れ、そこに息づく生活文化と地域社会の課題を学んだ。それぞれ育った環境の違うメンバーと共同でFWを行うことにより、今まで気付かなかった視点や発想を持て、また同じ場所を訪れても受け止め方が違ったりして、互いを知る良い機会にもなった。「タチソ」や「甲陽園」といった戦争遺跡FWでは今も残る戦争の傷跡から戦争の愚かさを体感し、また先祖や犠牲者の苦痛に想いをはせ涙ぐむ参加者もいた。  

宿舎ではWSが最も大事にしている参加者同士による熱い論議が連日朝方まで繰り返されていた。FWで見て聞いて感じたことや、自分自身の生い立ち、お互いに抱いている疑問などを率直にぶつけ合うことによって、真の友情関係を築いてきました。みんなの想いが頂点となった打ち上げライブでは、ゲストの朴保さんの歌に酔いしれ、共に歌い、踊り、みんなの心がひとつに重なった最高の時を過ごした。四泊五日という短い日程の中で全ての課題について話し合えたわけではなく、また解決できたわけでもないが、参加者ひとりひとりが、これからどのような視点を持ち、何を学ぶべきかなど今後の自分自身のあり方について真剣に考えられる場にはなったのではないかと思う。WSは今後も冬は北海道で夏は開催地を変えながら開催していく予定である。これからも東アジアの多くの若者が集い熱い時を過ごしていくだろう。

お問い合わせ 特定非営利活動法人 コリアNGOセンター center@korea-ngo.org
Copylight 2005 korea.ngo.center. All Right Reserved.