コリアNGOセンターの民族教育権確立事業 コリアNGOセンターの共生社会 コリアNGOセンターの国際・交流協力 コリアNGOセンターのハングル教室 コリアNGOセンターのコリアタウン人権研修 コリアNGOセンターの物品販売
コリアNGOセンターの共生社会事業最新情報
共生社会事業の法制度の確立
共生社会事業の地域コミュニティの活性化
コリアタウン人権研修事業
上町台地から町を考える会
講師パネリスト派遣事業
実施実績
講師
コリアNGOセンターのハングル教室
共生社会事業の最新情報

■コリアタウン共生まつり 1万人の市民がコリアを満喫!(11/9)

 
▲大阪朝鮮第四初級学校生徒たちによる朝鮮文化披露
▲白頭学園建国小学校プンムルクラブ4〜6年生による
「プンムルパレード」
▲御幸森小学校生徒たちによる行進
11月9日(日)に、「遊んで!食べて!つながろう!2008年チョアヨ!コリアタウン共生まつり」(主催:御幸通中央商店会)が開催され、市民ら約1万人が参加した。大阪市生野区にある生野コリアタウン〜御幸森通商店街一帯は午前11時の開始から終日、コリアを満喫する多くの市民らで溢れかえった。(特活)コリアNGOセンターは、協力団体として準備段階から事務局の企画・制作を担い、イベントの成功に貢献した。

 当日は、オープニングとして約500メートルの商店街を白頭学院建国小学校のプンムル隊、大阪朝鮮第四初級学校の農楽隊、最後に日本の太鼓と朝鮮半島のチャングを融合させた、斬新なよさこいソーラン調の「いくのニューおどり」のパレードが行われ、雰囲気を盛り上げた。商店街にある班家食工房内に設置された第1ステージでは、コリアの子どもたちの民族舞踊や民族楽器の演奏などが行われた後、プロボクシングの元世界チャンピオンである洪昌守さんとモデルのアンミカさんによるトークショーなども行われた。トークショーでは、生野区やコリアタウンとの縁や魅力などが、ユーモアを交えながら話された。

 また、「猪飼野保存会」のだんじり囃子も披露され、「共生のまち」らしい雰囲気も醸し出された。商店街では、食欲をそそる焼肉やチジミなどの数々の韓国料理が店先で飛ぶように売り買いされた。また、食工房のギャラリーでは、「大阪/生野コリアタウン『在日』の歴史の記憶」写真展と「ぺ・ヨンジュンのファンたちが描いたイラスト原画展」が開催され、ファンの列が続いた。

    来賓として参席した駐大阪韓国総領事館の呉榮煥総領事から「生野コリアタウンは、生野区だけではなく日本の中のコリアタウンとして益々発展してほしい」との激励の挨拶もあった。今回のイベント成功は、生野コリアタウンの持つ地域資源の魅力を再確認する機会となるとともに、来年以降のさらなる発展の大きな礎になった。

 

お問い合わせ 特定非営利活動法人 コリアNGOセンター center@korea-ngo.org
Copylight 2005 korea.ngo.center. All Right Reserved