コリアNGOセンターの民族教育権確立事業 コリアNGOセンターの共生社会 コリアNGOセンターの国際・交流協力 コリアNGOセンターのハングル教室 コリアNGOセンターのコリアタウン人権研修 コリアNGOセンターの物品販売
コリアNGOセンターの共生社会事業最新情報
共生社会事業の法制度の確立
共生社会事業の地域コミュニティの活性化
コリアタウン人権研修事業
上町台地から町を考える会
講師パネリスト派遣事業
実施実績
講師
コリアNGOセンターのハングル教室
在日外国人の人権保障に向けた法制度の確立事業

■康由美弁護士入居差別裁判関連資料

・ 訴状 PDFファイル
・ ぷまし
 署名用紙(PDFファイル)

外国人への入居差別を禁止する施策を求めて大阪市に対する要望署名にご協力を!

康由美弁護士入居差別裁判を支援する会では、さる10月12日に集会を開催し、その集会を出発として、現在「外国人への入居差別を禁止するための施策を求める要望署名」に取り組んでいます。

昨年1月、在日韓国人2世の康由美弁護士がある物件への入居を外国人であるという理由で拒否された事件で現在家主の入居差別の責任をとう裁判を提訴していますが、この裁判ではこうした外国人差別の実態を知りながらも、この間放置し続けてきた大阪市の行政責任を問うことも大きな争点の一つとして争っています。

大阪市には2006年6月末現在で、121,610人の外国人が居住しており、これは大阪市の総人口の約4.6%にあたります。そして外国人居住者は継続して増加傾向にあり、大阪市の施策として、外国人の人権を保障し、かつ日本人と共生を図ることができる制度を整備する必要性はますます高まっています。

しかしながら、「大阪市国際化推進基本指針」(2002年3月改定)、「大阪市外国籍住民施策基本指針」(2004年3月改定)などが出されているにもかかわらず、外国人に対する差別や偏見は依然として根強く残っています。特に、外国人が生活を営んでいく上でもっとも基本的な権利の一つである、居住権が「外国人である」という理由によって不当に侵害される事件が現在も相次いで起こっています。

こうした入居差別の実態は、「外国籍住民施策検討に係る生活意識等調査報告」(2002年)によれば、回答した4割以上の外国人が住宅・入居で差別や不愉快な経験・偏見を感じたと回答しているように、康由美さんの事件が氷山の一角に過ぎないことは明らかです。

ましてや大阪市では過去にも外国人であることを理由とする入居差別が裁判になっており、1993年6月には入居差別は人権侵害であり、違法であるという判決がでています。

いま支援する会で取り組んでいる署名は、こうした現状のなかで大阪市に対して入居差別を禁止するための実効的な施策の実現を求めるものであり、大阪市における外国人の人権を保障するための制度を実現していくための第一歩でもあります。

ぜひとも多くの皆さんのご協力をお願いいたします。

なお署名についてのお問い合わせは、康由美弁護士入居差別裁判を支援する会事務局までお願いいたします

〒537-0025 大阪市東成区中道3-14-17さんくすホール2F     (特活)コリアNGOセンター気付
TEL 06-6978-7676 FAX 06-6978-7686 E-mail center@korea-ngo.org

康由美弁護士の裁判を支援する集会
大阪市内で入居差別を受け、現在家主と大阪市を相手取って 裁判を提訴している康由美弁護士の裁判を支援する集会を下 記の通り開催します。
支援する会では、この集会を契機に大阪市に対して入居差別の解消に向けた措置をとることを求める署名活動に取り組む 計画です。ぜひ多くの方の参加をお待ちしています。

【日 時】 2006年10月12日(木) 午後6時45分開始
【場 所】 エル大阪 http://mic.e-osaka.ne.jp/l-osaka/access.htm
【主 催】 康由美弁護士入居差別裁判を支援する会
【内 容】 基調報告 「強まるゼノフォビア(外国人嫌悪)と入居差別」
       弁護団から裁判の状況と争点の報告
       康由美弁護士からの訴え
       各団体からのアピール
       行動提起(大阪市に対する要望署名、裁判支援など)
【参加費】700円
※康由美弁護士入居差別裁判の内容は下記を参照して下さい。
http://korea-ngo.org/kyousei/5kanyumi.htm
※集会のチラシのpdf版は、http://korea-ngo.org/pdf/1012.pdf でご覧になることができます。
【お問い合わせ】
康由美弁護士入居差別裁判を支援する会
〒537-0025 大阪市東成区中道3-14-17-2F
コリアNGOセンター内
TEL 06-6978-7676? FAX 06-6978-7686
E-mail center@korea-ngo.org
URL http://korea-ngo.org
■康由美弁護士入居差別裁判 第3回口頭弁論
【日時】 2006年5月23日(火) 午後3時
【場所】 大阪地方裁判所 1006号法廷
■康由美弁護士入居差別裁判の第二回口頭弁論
http://homepage2.nifty.com/lala-osaka/0603kangben5.htm
■康由美弁護士入居差別裁判の第一回口頭弁論
http://homepage2.nifty.com/lala-osaka/0511kangben3.htm
【日時】 2006年3月14日(火) 午前10時
【場所】 大阪地方裁判所1006号法廷
■「康由美弁護士入居差別裁判を支援する会」(支援する会)が正式に発足
 さる3月27日の集会をへて、「康由美弁護士入居差別裁判を支援する会」(支援する会)が正式に発足しました。今後は、弁護団と支援する会と力を合わせてこの裁判で勝訴できるようにがんばっていきますのでご協力よろしくお願いします。

支援する会では会員を募集しています いま支援する会では、会員としてこの裁判を支えてくださる人を募集しています。 会員の方には、毎回の裁判傍聴の案内、裁判毎に発刊するニュースレターの送付、その他支援する会で企画するさまざまな催しの参加案内などをお送りさせていただきます。
 なお、賛助会費は以下の通りになっています。
【賛助個人会員】 一口1,000円(6ヶ月) / 【賛助団体会員】 一口5,000円(年間)
郵便振替口座 : 00960−2−74170
口座名     : 康由美弁護士入居差別裁判を支援する会

【お問い合わせ・連絡先】
康由美弁護士入居差別裁判を支援する会
〒537-0025 大阪市東成区中道3-14-17-2F コリアNGOセンター気付
TEL 06-6978-7676?? FAX 06-6978-7686?
E-mail center@korea-ngo.org
http://korea-ngo.org
■なんで私が住んだらあかんねん!
康由美弁護士入居差別裁判を支援する集会 
PDFファイル
2005年1月に、在日朝鮮人2世の弁護士である康由美さんが友人とともにマンションを借りようと、ある物件について仲介業者に依頼したところ、家主は康さんが韓国籍であることを理由として入居を拒否しました。 このような家主による入居拒否は明らかに国籍を理由とした民族差別であり、決して放置することのできない人権侵害であります。ましてや大阪では、過去にも在日韓国人であることを理由とする入居差別が裁判になっており、1993年6月、入居差別が人権侵害であり、違法であるという原告勝訴の判決が出ているのです。
こうしたなかで、康由美さんは、入居差別が単に自分個人の問題ではなく、普遍的に根強く残る民族差別の問題であるとして、2005年11月に提訴に踏み切りました。
2006年1月24日に第一回の裁判が行われましたが、より多くの人たちとこの問題を考え、民族差別のない共生社会の実現に向けた取り組みとして進めていくために、下記の通り集会を開催いたします。 
 【日時】2006年3月27日(月) 午後6時30分開始
  【場所】 エルおおさか(京阪・地下鉄天満橋駅下車徒歩5分)
  【内容】 弁護団の紹介および裁判にいたる経緯と争点の説明
       講演 「大阪市の外国人施策と外国人差別の現状」(仮題)
       講師 朴一・大阪市立大学教授
       康由美弁護士からの訴え
       各団体からのアピール など
  【資料代】 700円
連絡先 康由美弁護士入居差別裁判を支援する会(準)

お問い合わせ 特定非営利活動法人 コリアNGOセンター
:center@korea-ngo.org
Copylight 2005 korea.ngo.center. All Right Reserved

s