コリアNGOセンターの民族教育権確立事業 コリアNGOセンターの共生社会 コリアNGOセンターの国際・交流協力 コリアNGOセンターのハングル教室 コリアNGOセンターのコリアタウン人権研修 コリアNGOセンターの物品販売
コリアNGOセンターの共生社会事業最新情報
共生社会事業の法制度の確立
共生社会事業の地域コミュニティの活性化
コリアタウン人権研修事業
上町台地から町を考える会
講師パネリスト派遣事業
実施実績
講師
コリアNGOセンターのハングル教室
「アンニョン!オリニマダン」〜朝鮮舞踊 柳寛順の開催〜
さる5月30日(日)、大阪市立住吉小学校にてコリアNGOセンター(以下センター)主催による「アンニョン!オリニ文化マダン」を行いました。 本公演は、多くの在日コリアンの子どもたちが民族の文化を知り、また日本の子どもたちにとっても豊かな朝鮮文化と出会える機会にと企画しました。

当日は約500人が参加し、日ごろ観ることが少ない朝鮮舞踊に触れることができまし た。出演は、当センターの専門委員である舞踊家の姜輝鮮ソンセンニムにご協力頂き、朝鮮文化の素晴らしさや、それを継承していくことの大切さを、各作品を通して参加者に伝えることができました。第一部では、姜ソンセンニムの研究所に通う小中学生の子どもたちによる小作品「ひよこと少女」・「パラとヒャンバル」などの披露がありました。
第二部では姜ソンセンニムと舞踊団に指揮してもらい、参加者全員で朝鮮のリズム(チャンダン)やオッケチュムなどを体験し、楽しみました。
第三部では、舞踊組曲「独立の花 ユグァンスン」(全五場)を披露。
ユグァンスンは、朝鮮のジャンヌダルクと呼ばれる日本の植民地支配下の独立運動家であり、1919年3月1日に始まる3.1独立運動に参加し、「私たちの手で国を守ろう!」と民衆たちに力と勇気を与え先頭に立ち、若くして命を落としました。そのユグァンスンの生涯を綴ったこの創作舞踊は、他国の占領を受けた人々の普遍的な苦しみを舞台から訴え、会場に集まった参加者たちに感動と共感を与えました。

文化マダンを終えてセンターとしては、今回のこの企画が大きな反響を呼んだことや参加した人のみならず舞台で舞踊を披露してくれた研究所の子どもたちにも、「やってよかった。出会えてよかった。」という気持ちを会場全体で共有できたことが最大の成果だと感じています。今後もこのような企画を行い、交流の場を提供していきたいと思っています。

お問い合わせ 特定非営利活動法人 コリアNGOセンター center@korea-ngo.org
Copylight 2005 korea.ngo.center. All Right Reserved