Top関連記事センター概要New'sLetterアクセスマップ会員募集!!サイトマップリンク集 Koreansite
コリアNGOセンターの民族教育権確立事業 コリアNGOセンターの共生社会 コリアNGOセンターの国際・交流協力 コリアNGOセンターのハングル教室 コリアNGOセンターのコリアタウン人権研修 コリアNGOセンターの物品販売
最新情報
■守口市小中学校教育課程研究協議会が民族学級設置校の守口市立第二中学校で開催される(06/9/15)
守口市での教育研究を牽引する守口市小中学校教育課程研究協議会が9月15日、民族学級設置校の守口市立第二中学校で開催され、市内各地の小中学校、教育委員会などから参加者が多数訪れた。今回の研究協議会で第二中学校が設置したテーマは「国際理解学習」。第二中学校で隔週金曜日に設けられている「国際理解」授業(6時間)の授業を公開した。第二中学校は、戦後間もないころに交わされた覚書に基づいて民族学級が開設されてきた学校で、隔週金曜日の6時間目に民族学級が実施されており、その時間帯は全校一体で国際理解学習に取り組む時間として活用されてている。この日の公開授業では、コリアにルーツのある子どもたちが民族学級でサムルノリの練習に取り組み、各学年で在日コリアン理解学習、キムチチゲをつくる調理実習、チャンゴ練習などが各学年で取り組まれた。 また、公開授業後の全体会では、当センターの金光敏事務局長が「教育とアジア理解」をテーマに講演を行った。この日の研究協議会には、守口市教育委員会から教育委員らが出席した。 守口市では、第二中学校に民族学級が設置され、常勤の民族講師が措置されて、ここを拠点に市内各小中学校に取り組みが広げられてきた。現在は、市内8小・中・地域に民族学級が実施されている。また、ハギハッキョ、チュギハッキョにおいても、民族講師と市外教が緊密に連携して取り組むなど、大阪府北河内地域の民族教育及び国際理解学習の先進地として位置づけらている。今年度から、常勤民族講師の在籍校が第二中学校じから近隣の寺方小学校に移っている。

お問い合わせ 特定非営利活動法人 コリアNGOセンター center@korea-ngo.org
Copylight 2005 korea.ngo.center. All Right Reserved