Top関連記事センター概要New'sLetterアクセスマップ会員募集!!サイトマップリンク集 Koreansite
コリアNGOセンターの民族教育権確立事業 コリアNGOセンターの共生社会 コリアNGOセンターの国際・交流協力 コリアNGOセンターのハングル教室 コリアNGOセンターのコリアタウン人権研修 コリアNGOセンターの物品販売
最新情報
■学年末を向かえ、各地の民族学級で卒業(修了)行事が盛んに (09/3/3)
 
 大阪市立北中道小学校民族学級に於いて
大阪市立御幸森小学校民族学級に於いて

済州島の郷土菓子づくりに取り組む民族学級も

 
 学年末を迎えて学校現場では、成績の決定、進路の確定、新年度の新しい指導計画の準備等で忙しい。大阪府内の公立中学校では三月の二週目に、小学校では三週目に卒業式を迎えるところが多いが、卒業式に先立ち、民族学級の卒業(修了)行事が各地で執り行われている。

  大阪市東成区の市立北中道小学校民族学級で3月3日、民族学級卒業式が行なわれ、在校生、保護者、教育委員会や地域の関係団体が多数かけつけた。今年卒業し、中学校に進学する民族学級修了生は6名。民族衣装に身を包み、一人ひとり学校長から民族学級卒業証を受け取ると、小学校で取り組んだ民族学級の思い出をまためた作文を一人ひとり読み上げた。

 また、日本で最大のコリアンの集住地区を校区に持つ大阪市生野区の市立御幸森小学校で3月4日、民族学級修了式が行なわれ、全児童による送る言葉、また修了生21名による旅立ちの言葉が講堂一杯に鳴り響いた。6年生の級友を代表してメッセージを読んだ日本人児童は、「授業後の学習で嫌な時もあったと思うけれど、一生懸命学んでいた皆さんの姿が立派に見えていた」と語った。

  一方、泉大津市立戎小学校の民族学級(日本人の子どもたちとの交流授業形式)では、学年末の最後の授業で済州島の郷土菓子である「キルムトク(油餅)」づくりに取り組んだ。「キルムトク」は、米粉と餅米粉に水を加えた生地を練り、一口サイズにして油で揚げ、シンプルに砂糖をまぶして食べるもの。民族講師の指導の下、子どもたちは慣れない手つきで、思い思いの形に練り上げ、こんがり狐色に揚がると、冷めないうちに砂糖をまぶして食べた。初めて食べる済州島の郷土菓子に子どもたちは興味津々。味は?との問いかけに、「おいしい、マシッソヨ。」と元気に答えた。

 特定非営利活動法人 コリアNGOセンター center@korea-ngo.org
Copylight 2005 korea.ngo.center. All Right Reserved