Top関連記事センター概要New'sLetterアクセスマップ会員募集!!サイトマップリンク集 Koreansite
コリアNGOセンターの民族教育権確立事業 コリアNGOセンターの共生社会 コリアNGOセンターの国際・交流協力 コリアNGOセンターのハングル教室 コリアNGOセンターのコリアタウン人権研修 コリアNGOセンターの物品販売
最新情報
■大阪市民族講師会の第二回教育フォーラムが開催される (09/3/7)

  大阪市内の民族学級・民族クラブを指導する民族講師らでつくる大阪市民族講師会が3月7日、日々の教育実践や教育研究の成果を披露する教育フォーラムを大阪市立北巽小学校で開催した。

このフォーラムでは、民族教育や在日外国人教育、国際理解学習の実践を共有を図りながら、実践経験のない学校や教職員にも取り組みを広げてもらうことを目的に開催されている。とりわけ、民族学級の設置・運営と教育課程内授業の連携、在日コリアンの子どもや保護者たちとの関わり方、教材づくりなど、教職員たちが日常の教育活動に参考になるよう具体的な実践事例が報告されたのが特徴だ。
  民族学級・民族クラブが設けられている大阪市内の公立小中学校は104校、全体の約24%に達する。全国的に見ても珍しく、大阪の教育の特色として評価されている。さらに民族講師が民族学級・民族クラブの指導に携わるだけでなく、一般の授業支援や家庭との連携などで幅広い役割を果たしており、いま国も検討する外国人の子どもに関わる教育サポーターやコーディネーターの先行事例とも言え、大阪の具体的な事例を発信することはとても重要だ。
  一方、民族学級(クラブ)や民族講師の処遇は必ずしも確立されたものではないため、役割に対する正当な評価を行なうことで、不十分な制度の改善が求められる。教育フォーラムでは、大阪市内の教職員を中心に400名を越える参加者があり、学校現場での関心の高さを伺えた。

 特定非営利活動法人 コリアNGOセンター center@korea-ngo.org
Copylight 2005 korea.ngo.center. All Right Reserved