Top関連記事センター概要New'sLetterアクセスマップ会員募集!!サイトマップリンク集 Koreansite
コリアNGOセンターの民族教育権確立事業 コリアNGOセンターの共生社会 コリアNGOセンターの国際・交流協力 コリアNGOセンターのハングル教室 コリアNGOセンターのコリアタウン人権研修 コリアNGOセンターの物品販売
最新情報
■民族学校の支援策の充実化に向け、韓国政府の準備着々(09/10/15)

 在外韓国人の民族教育支援の充実化を検討している韓国の教育科学技術部の金重賢第二次官(事務次官に相当)が10月15日、大阪市住吉区の学校法人白頭学院を訪問、民族学校の現状を視察した後、現場からの要望事項に耳を傾けた。

 現在、韓国政府では、在外韓国学校の支援充実化に向けて検討を行っており、国会では持続的な支援拡充のための法案検討が進められている。今回の第二次官の訪問も、そうした政策ニーズによるもの。
 

 学校関係者との懇談会では、崔哲培校長から昨年の大阪府の歳出削減によって私学助成金が大幅に減額された上、為替レートの関係で韓国政府の支援金も減額状態となっていることを報告し、学費負担の軽減に取り組んできた努力が報われていないと述べ、韓国政府の支援拡充を要請した。
  PTAからは、在日社会にとっての民族教育の重要性が強調され、持続的な支援の要請が行われた。
 

  金次官は、これらの要望に対して、来年度はぜひ支援金を増額できるように、財政当局としっかり折衝したいとの意欲を表明し、韓国国会の動向も踏まえて最大限の努力をしたいと語った。
  白頭学院の現場訪問には、教育科学技術部の国際協力局在外同胞教育課長、事務官、書記官が同行した。また、韓国系民族学校の京都国際学園の理事長、校長も同席した。白頭学院の訪問に先立ち、前日には大阪市住之江区の大阪金剛学園も訪問した。

定非営利活動法人 コリアNGOセンター center@korea-ngo.org
Copylight 2005 korea.ngo.center. All Right Reserved