コリアNGOセンターの民族教育権確立事業 コリアNGOセンターの共生社会 コリアNGOセンターの国際・交流協力 コリアNGOセンターのハングル教室 コリアNGOセンターのコリアタウン人権研修 コリアNGOセンターの物品販売
最新情報

■各地でハギハッキョ、開催中!!(06/7)

夏休み本番を向かえ、各地でハギハッキョ(夏期学校)がさかんだ。
大阪府内をはじめ各地域では、普段出会うことの少ない同じ地域の同胞のオリニたちの出会いの場、民族文化に触れる貴重な機会としてハギハッキョなどが夏休み中に活発だ。

大阪府内でも、各地域の在日外国人教育研究協議会(外教)が民族講師らと協同で、子どもたちの楽しい活動に取り組んでいる。
豊中市外教主催で、市内のコリアンの子どもたちが集まった豊中ハギハッキョが7月24日、25日の二日間にわたり、市立蛍が池小学校で開催された。市内から集まった子どもたちや保護者らが参加する中、体験学習や遊び交流などを楽しんだ。工作時間には、民族画をプラスチック製の白いお皿に描く作業に取り組み、思い思いの個性豊かなお皿ができあがった。また、昼食には、おいしい韓国料理に舌鼓をうち、保護者、民族講師、先生方をまじえて楽しいひと時となった。豊中市では、月に二回、『ことばと遊びのつどい』が開催され、市内のコリアンの子どもたちが、民族にかかわる交流学習に取り組む貴重な機会として取り組まれている。 

一方、7月25日、26日の二日間にわたって取り組まれた堺市のハギハッキョでは、今年20周年目を迎えることから、教育委員会、民族団体からの来賓が多数かけつけ、節目を祝った。今年は、近年ではもっとも参加者が多く、いつになく活気のあるハギハッキョとなった。
堺市内には、現在少林寺小学校錦稜小学校に民族学級が設置されているが、ハギハッキョを主催した堺市外教では、ハギハッキョを契機に民族教育の輪が市内一円に広がっていくことを期待している。

 夏休み終盤まで、大阪府内各地でハギハッキョ、サマーキャンプなどが目白押しで準備されている。夏休み中も民族講師らは、超多忙な日々を過ごす。大阪市民族講師会や府内の民族講師らが分担しながら、子どもたちにとっての貴重な夏の取り組みに万全を期して準備にあたっている。


お問い合わせ 特定非営利活動法人 コリアNGOセンター center@korea-ngo.org
Copylight 2005 korea.ngo.center. All Right Reserved