活動報告

朝日中高生新聞のヘイトクライム特集でセンターのコメントが掲載されました

5月23日付の朝日中高生新聞でアメリカと日本のヘイトクライムが特集されました。そのなかでコリアNGOセンターの郭辰雄代表理事は、「ヘイトスピーチで攻撃された人は委縮し、声があげづらくなる。それは弱い立場の人の表現の自由を奪う行為」と指摘。差別そのものを禁じる法律が必要だといいます。中高生には「差別はよくわからないものへの恐怖心から起こる。身近な友達でも『よくわからないな』と決めつけずに、まず学び、理解しようとする姿勢を大切にしてください」と伝えました。

関連記事

お知らせ

  1. 「ヘイトスピーチ解消法」が施行されてから5年が経ちました。
  2. 入管法改定案の廃案を求める声明文求められるのは、誰もが人権を保障され安全に生きられる社会の...
  3. 当センターでは、こどもたちの豊な学びや、貴重な人権学習の機会が守られるよう、下記の新型コロナ対策を...
在日コリアン青年連合(KEY)
文化センター・アリラン
キックアーツテコンドー
よりそいホットライン