活動報告

コリアにルーツのある子どもたちに寄り添う教育の担い手を探しています

民族教育人材バンクの開設

当センターでは、公立学校に在籍するコリアにルーツのある子どもたちや民族学校に携わる民族教育の担い手を探しています。
 当センターは設立以来、民族的出自を肯定的に捉え、自尊感情を育む子どもたちの“育ち”を支援してきています。とくに、民族教育の制度化が不十分な公立学校に通う子どもたちの場合、コリア文化について知る機会は限られ、多くが出自を隠して学校生活を送っています。
 そうした子どもたちの人権としての教育を保障するために、当センターは民族学級の増設や実施に関わってきました。民族学級とは、公立学校に設けられたコリアにルーツのある子どもたちが、家族のルーツ、民族的素養について学ぶ課外学級です。現在、大阪の公立学校約180校(名称や形態は多様)に開設されています。
 当センターでは、民族学級の現場で子どもたちの“育ち”と“学び”を盛り上げてくれる民族講師を探しています。私たちが探す人材とは以下のような方々です。

  • 民族的出自を肯定的に捉え、自尊感情を育む民族教育の活動に理解のある方
  • 人権を尊重し、本名や民族名を大切にされている方
  • コリアにルーツのある方(国籍は問いません)
  • 教育現場が政治的・宗教的中立であるべきことを尊重できる方
  • 経歴や学歴は問いません。但し教員免許を保持されている方をなお歓迎

 当センターの民族教育人材バンクにご登録いただきますと、関係機関への紹介や、教育行政の行う民族講師公募の情報を提供し、採用試験のサポートをさせていただきます。ただ、ご登録いただければ自動的に職を紹介するものではありません。
 また、教員免許がおありの方については、民族学校での教員募集応募についてもサポートいたします。関心のある方は、当センターの事務局(TEL 06-6711-7601)までお問い合わせください。人材バンクの趣旨説明と、必要に応じて面談させていただきます。
 多民族・多文化時代を担う子どもたちの“育ち”と“学び”に寄り添う方々のアクセスをお待ちしています。(2019.11.26更新)

関連記事

お知らせ

  1. 入管法改定案の廃案を求める声明文求められるのは、誰もが人権を保障され安全に生きられる社会の...
  2. 当センターでは、こどもたちの豊な学びや、貴重な人権学習の機会が守られるよう、下記の新型コロナ対策を...
在日コリアン青年連合(KEY)
文化センター・アリラン
キックアーツテコンドー
よりそいホットライン