活動報告

コロナ禍のもと韓国労働団体からウトロ、朝鮮学校への支援が送られる

これまで関西の在日コリアンとの交流を続けてきた韓国のナショナルセンターである韓国労総と民主労総が2021年度も共同でコロナ禍に苦しむ在日同胞を支援したいということで募金活動をおこなってくれました。送られた支援金はコリアNGOセンターが窓口となって3月にウトロ民間基金財団、京都朝鮮中高級学校、大阪朝鮮第四初級学校などに伝達されました。今後とも労働組合はじめ韓国のさまざまな団体と連携を深めていきたいと思います。

関連記事

お知らせ

  1. 「ヘイトスピーチ解消法」が施行されてから5年が経ちました。
  2. 入管法改定案の廃案を求める声明文求められるのは、誰もが人権を保障され安全に生きられる社会の...
  3. 当センターでは、こどもたちの豊な学びや、貴重な人権学習の機会が守られるよう、下記の新型コロナ対策を...
在日コリアン青年連合(KEY)
文化センター・アリラン
キックアーツテコンドー
よりそいホットライン